メニュー

債務整理全般

債務整理をすると、親や子どもに迷惑がかかりませんか。

債務整理をしても、親や子どもに法律的な不利益が生じることはありません。但し、法的整理の場合、官報に掲載されるため、知られる可能性はあります。

(詳しい解説)

保証人等になっていない限り、ご家族に請求が行ったり、ご家族が借金やローンを組めなくなったりなどの迷惑をかけることはありません。

法律上、借金やローンなどの契約の効果は、契約したご本人のみに帰属します。ご本人以外は、ご家族であっても第三者であり、一切影響がありません。ただし、保証人や連帯債務者になられている場合は、効果が及ぶ場合があります。
また、貸金業者は、貸金業法で、ご本人以外の方に請求することを禁止しています。万一、貸金業者からご本人以外の方に請求をされた場合、ただちに弁護士にご相談ください。

ページ上部へ