債務整理をすると、ブラックリストに載ってしまいますか。

いわゆるブラックリストとは信用情報機関が保管している信用情報のことで、『ブラックリストに載る』とは、延滞情報等の事故情報が登録されることをいいます。 これらの情報は金融機関や貸金業者が利用しているため、ブラックリストに載ると、その後新しい借入やクレジット契約をしようとした際、審査が通らない可能性が高くなるという効果があります。但し、信用情報の保有期間は5年から10年といわれており、その期間が過ぎれば再び審査が通るようになります。信用情報機関は、株式会社 シー・アイ・シー(CIC)や全国銀行個人信用情報センター(KSC)等があります。 弁護士に債務整理を依頼すると、原則として、弁護士から債権者に受任を通知した段階又は支払が停止した段階で、延滞情報が登録されます。したがって、債務整理にはブラックリストに載るというデメリットがあります。もっとも、近年の法改正により、完済した債務の過払い金返還請求のみを行う場合には、ブラックリストに載せてはならないことになりました。

 

(さらに詳しく)

個人の経済的信用力に関する情報(「個人信用情報」と呼ばれています)を取り扱っている信用情報機関というものがあり、個人信用情報には、個人の借入状況などが記載されています。
借金の返済が滞ったり、任意整理や自己破産、個人再生など債務整理を行って、返済中に事故があった場合、個人信用情報に、「事故情報」が載せられます。この個人信用情報に事故情報が載ることを、「ブラックリスト」に載るとか、ブラックリストに登録される、というように呼ばれているのです。本当にブラックリストというリストが在って、そこに氏名などが載るということではありません。
貸金業者など金融機関は、借金やローンの申し込みを受けると、与信審査のためにこの個人信用情報を参照します。その際、事故情報が掲載されていると、新たに借金をしたり、ローンを組んだりすることが難しくなります。

この個人信用情報を扱っている信用情報機関は、複数存在し、それぞれ取り扱っている情報や、情報の保有期間が異なります。詳細は、各機関のHPでご確認ください。

全国銀行個人信用情報センター http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
JICC http://www.jicc.co.jp/
CIC http://www.cic.co.jp/

一般的には、債務整理の内、任意整理、個人破産や個人再生をすると、ブラックリストに登録されることになります。けれど、過払い金返還請求は、ブラックリストに載りません。過払い金は、借金をした方が、払い過ぎたお金を取り戻す手続きであり、返済事故ではありません。貸金業者は、顧客から過払い金返還請求を受けてもブラックリストに載せてはいけないのです。
また、ブラックリストに登録される期間は、「事故情報」の事故原因によって異なります。延滞情報は1年から5年程度、任意整理は5年程度、自己破産や個人再生は5年から10年程度とされています。

個人信用情報を閲覧することができるのは、各信用情報機関の会員のほか、登録されている本人(本人から委任を受けた代理人を含む)です。各信用情報機関の会員資格は、各機関が定めていますが、基本的には、貸金業者や、クレジット会社、ローン会社や銀行などの金融機関に限られます。
情報登録されている本人は、個人情報保護法により、自身の個人信用情報を見ることができます。具体的な閲覧方法については、各機関ホームページを参照ください。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム