メニュー

債務整理全般

債務整理の方法はどのように選択するのですか。

それぞれにメリット・デメリットがあります。 あなたの負債の状況や家計の状況に基づいて弁護士が最適な方法をアドバイスしますので、そのアドバイスをもとに債務整理の方法を選択していただくことになります。

(詳しい解説)

任意整理、自己破産、民事再生のいずれを取るかは、相談者様の負債額、収入や家計の状況のほか、ご希望、ご職業など様々な事情を考慮する必要があります。それぞれの手続きにそれぞれのメリットとデメリット、また条件があるからです。
より詳しく説明すると、任意整理ならば、相談者様の負債額、収入や家計の状況のほか、ご希望、ご職業などのほか、借金の減額の見込みの有無、減額後の借金の返済の見込みの有無、和解成立の見込みの有無などを検討する必要があります。
自己破産ならば、上記のほか、支払不能か否か、資格制限の有無、免責不許可事由の有無などを検討することになります。
個人再生であれば、上記のほか、継続的な収入の有無及びその将来性、清算価値、反対債権者の有無など検討する必要があります。

どの手続きが相談者様の状況・条件およびご希望に適応するのか、無料にて相談承っておりますので、弁護士にご相談ください。

各手続のメリットとデメリット、条件については、各手続きのページのほか、よくある質問をご参照ください。

ページ上部へ