債権者からの取立て・督促は止まりますか。

弁護士に依頼された場合には、通常の貸金業者であれば,債権者からの取立てや督促などは止まります。
また、弁護士に債務整理をご依頼頂いた場合、貸金業者等債権者への返済を停止して頂きますが、返済を停止した際、債権者から連絡が来ることもありません。
弁護士に依頼したからと言って、貸金業者が自宅に来るということもありません。

債務整理をご依頼頂いた場合、当事務所では、速やかに(当日または翌営業日に)、貸金業者などの債権者に対し、ご依頼者様(債務者といいます)より債務整理のご依頼を頂いた旨を通知します(受任通知といいます)。

貸金業者を規制している貸金業法では、貸金業者が弁護士から受任通知を受け取った場合、それ以降、正当な理由なしに、直接債務者本人に対して、電話、電報、FAX,自宅訪問によって借金の返済を求める行為を禁止しています(貸金業法21条9号)。貸金業法では、これらの行為をしそうな業者への債権の譲渡も禁止していますし、違反した場合には、2年以下の懲役または300万円以下の罰金刑を定め、さらに、貸金業の登録の取り消しや業務の停止などの行政処分の対象にもしています。
ただし、貸金業登録をしていないいわゆるヤミ金などは、弁護士に依頼して以降も直接の取立てを続ける場合があります。このような業者に対しては、特殊な対処が必要となりますので、ご相談下さい。

万が一、弁護士に依頼した後に貸金業者から直接連絡があった場合は、すぐにご相談ください。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム