メニュー

後遺障害関連

後遺障害があるとないとでは賠償額に大きな差が出ると聞きました。何故でしょうか。

後遺障害が残ってしまうと、第一に、それ自体が精神的苦痛をもたらすため、怪我に対する慰謝料とは別に慰謝料が発生します。第二に、後遺障害により労働能力が減少し、将来の収入が減ると考えられるので、その分を逸失利益として請求が可能です。

この二つがしばしば高額となるので、賠償額に差が出ます。

ページ上部へ