メニュー

事故直後・警察への対応・その他全般

複数の加害者がいる場合に、各加害者はどの程度責任を負いますか。

被害者との関係では、基本的には、損害の全部に対して責任を負います(不真正連帯債務)。

加害者同士の関係では、誰がどの程度事故の原因となったかの割合に応じ責任を分担し(責任割合)、その限度でのみ最終的な賠償義務を負担することになります。

つまり、被害者から損害賠償を請求されれば全額支払わなくてはなりませんが、自分の責任割合を超える部分について、後で他の加害者に求償できるということになります。

ページ上部へ