民事訴訟にはどのような費用がかかるのでしょうか。その費用は被告に負担させられませんか。

訴えその他の申し立てには、裁判所が定める手数料がかかります。例えば、300万円を請求する訴えであれば、2万円の手数料がかかり、訴状に収入印紙を貼って納付しなければなりません。また、訴状や判決の送達に必要な切手の予納が数千円分求められます。これらが通常要する実費であり、その他、弁護士に依頼すれば弁護士費用もかかります。
勝訴判決を得ると、原則、「訴訟費用は被告の負担とする。」という裁判も付随して行われます。上記の申立手数料や切手代に加え、書面の作成料なども訴訟費用として敗訴被告に負担させるという趣旨なのですが、直ちに具体的な金額を請求できるわけではありません。具体的な請求をするためには、まず裁判所書記官に訴訟費用額確定の申立をして、その額を定める処分をしてもらう必要があります。
弁護士費用はこの訴訟費用に含まれず、勝訴しても自分で負担することになります。もっとも、損害賠償請求事件においては弁護士費用を損害として請求することができます。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム