裁判が始まる前に、警察で取られた自分の供述調書などを確認できるのでしょうか。

検察官は集めた証拠の中から必要なものを選別して、裁判で証拠調べ請求をします。その準備はなるべく早く行い、証拠調べ請求予定の証拠は事前に弁護人や被告人に開示しなければならないとされています(刑事訴訟法299条1項、同規則178条の6)。したがって、この事前開示によって主要な供述調書も閲覧することが可能です。通常、事前開示の時期を確認し、検察庁に行って請求証拠一式を閲覧します。
また、証拠調べ請求が予定されていない証拠についても、弁護人から打診することで、事実上開示に応じてもらえることがあります。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム