勾留された後はどうなるのか教えてください。

被疑者の身柄は引き続き警察署の留置施設から動かされないことが多いでしょう。そして、刑事や検察官の取調べや実況見分への立会いなど、捜査への協力を求められます。その他、検察官が警察を指揮して、目撃者等の参考人に対する事情聴取や、証拠品の鑑定など、様々な捜査活動が行われます。

検察官は、原則として10日間の勾留期間の満了前に、これらの捜査の結果を踏まえ、事件を裁判所に起訴するかどうかの判断をします。ただし、やむを得ない事由があれば、さらに10日の延長が許されており、実務上はかなりのケースで延長が認められています。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム