免責不許可事由があったら、免責は認められませんか。

裁量免責といって、免責不許可事由がある場合でも、裁判所が破産に至った経緯その他一切の事情を考慮して免責が相当と認められるときは、裁量により免責許可の決定ができることになっています(破産法252条2項)。したがって、免責不許可事由があると思われる場合でも、諦めずに弁護士に相談されることをお勧めします。

(少し詳しく)

パチンコや競馬は免責不許可事由にあたり、原則として債務が免責されませんが、それらが自己破産に与えた影響度合いなどを考慮して、裁判所が免責を認めることがあります。
免責不許可事由があると思われる場合でも、免責が認められるケースも多くありますので、弁護士に相談することをお勧めします。

自己破産とは、債務者自ら破産と免責の2つの手続きを通じて、借金などの支払い義務を免責してもらうことをいいます。
免責手続きにおいて、免責不許可事由と呼ばれる一定の事由が有る場合,原則として債務の免責が認められません。
そして、パチンコや競馬、浪費などは、免責不許可事由とされており、これらがあると原則そして債務が免責されないことになります。

しかし、パチンコや競馬、浪費があったとしても、それに費やした金額や期間、そして、それらが借金及び破産に与えた影響は一様ではありません。
例えば、適正な金額のお小遣いを受け取り、その範囲内でパチンコや競馬をしていたとしても、それらのために借金が増えたとはいえません。
そこで、破産法は、裁判所による裁量免責を認めています。
裁量免責とは、免責不許可事由がある場合でも、破産するに至った経緯その他一切の事情を考慮して、裁判所が、裁量によって、免責を許可することをいいます。

事案にもよりますが、実務上、免責不許可事由がある場合でも、裁量免責によって債務が免責されることがほとんどです。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム