メニュー

自己破産

免責不許可事由について教えてください。

免責不許可事由があると、免責を受けられない可能性があります。特に注意すべき免責不許可事由に「浪費・賭博」があります(破産法252条1項4号)。 収入に見合わない大きな買い物をして借金を作った方や、パチンコ、パチスロ、競馬、競輪その他のギャンブルで借金を作った方は、これに該当することがあります。

(詳しい解説)

一定の事由が有る場合,債務の免責が認められない場合があります。

自己破産すると,基本的には債務は免責されることになります。ですが,一定の事由がある場合,免責が許可されません。これは,免責不許可事由と呼ばれています。
破産法では,252条1項で,免責不許可事由を定めています。
免責不許可事由には,
・債権者に配当すべき財産を,隠す,壊す,不利な処分をする,価値を不当に減少させるなどしたこと
・破産を遅らせるために,不利な条件で借金したり(ヤミ金など),不当な換金行為をしたこと
・特定の債権者を優遇するために,義務のない返済などをしたこと
・浪費,ギャンブル(パチンコや競馬など),FX・先物取引などの投機性の高い取引で財産を減少させ,借金を作ったこと
・借金の返済が不能であると知りながら,それについて相手を騙してお金を借りたこと
・帳簿や確定申告書などを隠滅,偽造,変造したこと
・裁判所に,虚偽の債権者一覧表を提出したり,必要な説明・書類の提出を拒否したり,虚偽の説明をしたり,調査に協力しなかったこと
・不正な手段で破産管財人などの職務を妨害したこと
・過去7年以内に免責を受けたことがある
などがあります。

なお,免責不許可事由があっても,裁判所が色々な事情を考慮して,免責を許可することがあります。これは,裁量免責と呼ばれています。
浪費やギャンブルがあっても,少額である,それらをすでにやめている,十分に反省しているなど,諸々の事情を考慮して,裁量免責されることもたくさんあります。

ページ上部へ