メニュー

自己破産

免責許可とは何のことですか。

借金(債務)を免除するという裁判所の決定のことです。これは破産開始決定の後になされるものです。 すなわち、破産開始決定を受けた時点では、まだ借金(債務)は免除されていないのです。なお、自己破産の申立をした場合には、同時に免責許可の申立もしているとみなされます(破産法248条4項)。

(少し詳しく)

個人の行う自己破産とは、債務者自ら、破産と免責の2つの手続きを通して、借金など債務の支払い義務の免除をしてもらう手続きをいいます。

免責許可とは、上記の免責手続きにおいて債務の支払いを免除するという裁判所の決定をいいます。この決定を得て、さらに、この決定が確定して、確定的に借金などの債務が免除されたことになります。

自己破産の申立では、破産手続き開始申立と同時に免責許可手続き開始の申立もしているものとみなされます。

なお、免責手続きは、個人の自己破産特有の手続きであり、法人の破産手続きではこのような手続きはありません。(法人の破産手続きでは、破産手続きの終了とともに法人が消滅するため、あえて債務を免除する免責手続きを取る必要がないのです。)

ページ上部へ