自動車や預貯金はどうなりますか。

同時廃止事件の場合には、財産の換価等は行われないので、自動車や預貯金を手放す必要はありません。 管財事件の場合でも、自由財産の拡張によって自動車や預貯金を保持できる場合があるので、弁護士にご相談ください。

 

(詳しい解説:自動車について)

自動車ローンなどが残っている場合は車を処分することになりますが,そうでなければ,自動車を処分しないで,使用継続する方法はあります。

・自動車ローンが残っている場合
自動車ローンの支払いを終えるまでは、自動車販売会社又はローン会社に自動車の所有権が留保されているのが通常です。このような場合に自己破産すると、ローン会社などに留保されている所有権に基づいて、自動車を引き揚げられてしまいます。

・自動車ローンがない場合
基本的には,自動車は財産なので,換価処分の対象となります。
ですが,車種や年式,走行距離などによって財産価値がない場合,処分の対象にはなりません。
また,仮に財産価値がある場合でも,高価なものでなければ,裁判所に自由財産(破産者の生活に必要な最低限の財産)として認めてもらうことで(自由財産の拡張といいます),自動車を保持できます。自由財産を拡張により,その自動車が自由財産と認められるかは,自動車の価値や,自動車以外の財産の保有状況等により変わります。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム