自己破産とはどんな制度ですか。

自己破産とは、借金(債務)返済が不可能になった場合に裁判所に破産手続開始を申立て、破産管財人が債務者の財産を全て処分してお金に換え(換価手続)、集まったお金を全ての債権者に配当し(配当手続)、財産と負債を清算する制度のことです。 債務者の財産が一定基準未満で破産手続の費用にすらならない場合には、破産手続きは開始の決定と同時に廃止され、終了します。この場合は、破産管財人による換価手続や配当手続は行われません(同時廃止事件)。 そして、破産手続終了(廃止)後、裁判所から免責許可決定を受けることで、借金(債務)の支払義務が免除となります。

(より詳しく)

一般的には、自己破産すると借金が無くなると理解されているようです。大きく間違っていませんが、少し厳密かつ専門的に説明すると、次のようになります。

自己破産とは、破産法で定められた破産手続きを、債務者自ら(代理人の弁護士が申し立てる場合を含みます)裁判所に申し立てることをいいます。
なお、破産法では、債権者が破産手続きを申し立てることも認められており、債務者自ら行う自己破産に対して、「債権者申立て」と呼ばれています。

破産手続きとは、経済的に破たんし、借金など債務全てを返済できない状態に陥った債務者について、その債務者の財産を処分してお金に換え(換価手続きといいます)、そのお金を債権者に公平に配当(配当手続といいます)する裁判手続きをいいます。
そして、自己破産する際は、この破産手続きと併せて免責許可申し立てを行い、破産手続きによっても支払いきれなかった借金などの債務を免責してもらいます。

つまり、自己破産とは、債務者自ら破産と免責の2つの手続きを通じて、借金などの支払い義務を免責してもらうことをいいます。

 

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム