総量規制とは何ですか。

貸金業法は、貸金業者やそこからの借入れについて定めている法律です。 「多重債務者」の増加が社会問題となったことから、平成18年に従来の法律が抜本的に改正されて、この貸金業法が作られました。改正貸金業法で重要なのは、上限金利の引き下げと総量規制です。 総量規制とは、借入総額に制限を設ける規制で、平成22年6月18日から実施されています。貸金業者からの借入総額(残高)が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れができなくなります。但し、銀行ローン、住宅ローン及び自動車ローン等は対象外です。 詳しくは金融庁のQ&Aをご覧下さい。 http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/qa.html#05

(より詳しく)

貸金業者を規制している貸金業法の改正が行われ、貸金業者は、個人に対して、原則として年収等の3分の1を超えて貸し付けを行ってはいけないことになりました(このような規制は総量規制とよばれています)。

これによって、借金の返済が遅れているなどの返済事故がなくても、貸金業者からの借金がすでに年収等の3分の1を超えている方や、年収等が低いあるいは、年収等がないなど、貸金業者からの新たな借金ができなくなった人が大勢いました。なお、専業主婦の方でも、配偶者の同意書と、夫婦関係を証明する書類があれば、配偶者の年収の3分の1までの借金をすることは可能です。

この総量規制は、貸金業法の規制であり、銀行からの借入は、この規制の対象には含まれていません。
また、貸金業者(消費者金融・事業者金融・信販会社など)からの借入であっても、住宅ローンのほか、自動車ローンや不動産などを担保に入れての借金など、総量規制の対象とならない借金もあります。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム