任意整理をすると、何回の分割払いになるのでしょうか。

債権者によりますが、原則として36回から60回払い程度と考えてください。利息制限法で引き直し計算をした残元金を36回から60回程度で返済することが難しい場合、個人再生や自己破産による債務整理を検討しなければいけません。詳しくは弁護士にご相談ください。

(詳しい解説)

任意整理後の借金の金額やご依頼者様の返済能力、貸金業者の対応によっても異なりますが、引き直し計算によって借金の金額を減額し、将来の利息はなくした上で、3年から5年(36回から60回払い)の分割払いでの和解の締結を図っています。

●分割の回数と期間について
分割返済の回数と期間については、借金の残額やご依頼者様の返済能力(頭金やボーナスの有無、月々の支払可能額など)に応じた返済計画を立てる必要があります。
基本的には3年以内(36回払い)の返済を目指します。
3年を超える分割返済をご希望の場合、貸金業者の対応によっても異なりますが、5年以内(60回払い)の返済を目指します。
これらの回数、期間で返済ができない場合は、他の債務整理(自己破産や個人再生)を検討する必要があると思われます。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム