メニュー

任意整理

どうして借金を減らすことができるのですか。

最高裁の判例によって、利息制限法を超過した利息は借入金元本に充当されることになりました。すなわち、消費者金融業者(サラ金)からのグレーゾーン金利での借入金については、利息制限法の上限利率で引き直し計算ができることになったのです。

(詳しい解説)

利息制限法を超える金利(約定金利といいます)で行っていた借金について、その約定金利を利息制限法の上限金利に直して、再計算することをいいます。

利息制限法では、お金を貸し借りする際の利率について、上限を定めています。
具体的には、
借入元本が10万円未満の場合は年20パーセント、
10万円以上100万円未満の場合は年18パーセント、
100万円以上の場合は年15パーセント
と定められています。
この上限利率を超えて設定された利息は無効です。

ですが、貸金業者を規制している貸金業規制法で、利息制限法を超えた利息についても、債務者が任意に支払った場合は有効な利息の弁済とみなす、という「みなし弁済」と呼ばれる規定(同法43条)がありました(現在は廃止されています)。

そのため、多くの貸金業者は、利息制限法の上限利率を超えるグレーゾーン金利(⇒グレーゾーン金利とは)を約定金利として融資を行っていました。

しかし、平成18年、最高裁が、極めて厳しい要件をクリアした場合でなければ、貸金業者規制法43条のみなし弁済の適用を認めない立場を明らかにしました。
これによって、事実上、みなし弁済の規定は否定され、利息制限法の定める原則に従い、同法の上限利率を超える利息は無効となりました。
これまで有効と扱われてきたグレーゾーン金利を、同法の上限金利に戻して(引き直して)、過去の貸金業者との取引を計算し直す必要が出てきたのです。
この利息制限法の上限金利で再計算しなおすことを、引き直し計算と呼んでいます。

任意整理では、主にこの引き直し計算を行うことで、借金の減額を図っています。

ページ上部へ