過払い金返還請求とは何のことですか。

過払い金とは、過去に消費者金融(サラ金)等の金利が利息制限法の上限利率を越える利率を設定していたため、利息制限法の金利であれば完済しているのに、約定利率の返済を続けたために、消費者金融等に「払い過ぎたお金」のことです。 弁護士に債務整理もしくは過払い金返還請求を依頼することで、この「払い過ぎたお金」を取り戻すことができるのです。

(少し詳しく)

過払い金とは、利息制限法の上限金利を超える利息が設定されていたため、サラ金や消費者金融などの貸金業者に対して払い過ぎてしまったお金のことです。

〈なぜお金を払い過ぎたのか〉
サラ金や消費者金融などの貸金業者の多くは、かつて、お金を貸す際に、利息制限法(⇒利息制限法とは)の上限金利以上出資法の上限金利未満の利息(グレーゾーン金利と呼ばれています。⇒グレーゾーンとは)を設定していました。
具体的な利率としては、20%から29.2%程度の利息です。
お金を貸す際、利息制限法の上限金利を超えて利息を付けることは、無効ですので、支払う必要がありません。
しかし、お金を借りるほとんどの人が、このような高金利が無効であることを知らないまま借金をしました。そして、貸金業者の請求に従い、無効なため支払う必要のない利息の支払いをしたため、払い過ぎてしまったのです。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム