メニュー

相続放棄

未成年でも相続放棄することは可能ですか。

未成年は、単独で相続放棄を行うことはできません。法定代理人が未成年者を代理して相続放棄をすることになります。もっとも、未成年者と親権者が共同相続人であり、未成年者のみ相続放棄をすることは利益相反行為にあたり、親権者がその未成年者を代理して相続放棄することができません。
この場合には、裁判所で特別代理人を選任して、特別代理人が相続放棄を行わなければなりません。
なお、親権者と未成年者が同時に相続放棄する場合や、親権者が相続放棄した後に未成年者の親権者として相続放棄する場合、未成年者のみが相続人である場合は、親権者がその未成年者を代理して相続放棄することができます。

ページ上部へ