被相続人の死後、遺言が発見されました。開けてもよいですか。

遺言が自筆証書遺言・秘密証書遺言である場合、開封せずに、ただちに家庭裁判所において検認手続きを経る必要があります。

遺言を原状で保全するためにも、相続人全員の立ち合いのもと開封しなければならないのです。もしも勝手に開けたり、検認を受けなかったりした場合には、5万円以下の過料を課せられます(民法1005条)。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム