建物の明渡しを請求するためには何が必要か教えてください。

入居者・賃借人に対し、建物明渡しを請求する場合には、まず、賃借権(借家権)の根拠となる賃貸借契約を終了させるために、契約解除を通知する必要があります。そして、解除するためには、民法541条(債務不履行解除)の要件を満たす必要がありますが、加えて、判例上では、1回の賃料不払い(債務不履行)ではなく、「信頼関係を破壊するに至る程度の不誠実」といえる必要があります。通常、家賃3ヶ月程度の不払いで足りると解されています。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム