定期建物賃貸借契約(定期借家)を考えています。どのように契約を締結すればよいでしょうか。

定期建物賃貸借契約(定期借家)は、契約で定めた期間が満了することによって、更新されることなく確定的に賃貸借が終了します。すなわち、更新拒絶の「正当事由」も不要です。
定期建物賃貸借契約は、1.公正証書等の書面によって契約し(契約期間、更新がないことを明示する)、2.契約書とは別にあらかじめ書面(契約期間、更新がないことを明示する)を交付して説明する必要があります。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム