賃貸人から建物を退去してほしいと言われました。退去しなければいけませんか。

建物賃貸借契約では、賃貸借契約が期間満了となっても更新されるのが原則であり、賃貸借契約を終了させたい場合は賃貸人側から賃貸借期間満了前1年前から6ヶ月までの間に更新拒絶の通知を出す必要があります。この通知が出されない限り、建物賃貸借契約はこれまでと同じ条件で更新されることになります。

また、この通知がされた場合でも、賃借人が建物の使用を続け賃貸人が遅滞なく異議を述べなかったときには、これまでと同じ条件で賃貸借契約が更新されることになります。

そして、賃貸借契約の終了が認められるためには正当な事由が必要であり、正当な事由は、借家人・大家の建物の使用を必要とする事情、建物に関するこれまでの経過、建物の利用状況、建物の現況、立退料等を考慮し、その有無が判断されます。

したがって、賃貸人から更新拒絶の通知がない場合、賃貸人からの更新拒絶の通知があっても、その建物の使用を継続しているにもかかわらず、賃貸人から遅滞なく異議がない場合、仮に遅滞なく異議があったとしても正当事由が認められない場合は、建物賃貸借契約は自動的に更新されることになり、出ていかなくてもよいということになります。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム