放置自動車の撤去方法について教えてください。

放置自動車とはいえ他人の財産である以上、駐車場オーナーや管理会社が法律の手続きに基づかずに勝手に処分すると、民事上の損害賠償責任や刑事責任を負う虞があります。 このような放置自動車を合法的に処分するには、所有者の同意を得るか、もしくは、駐車場明け渡しの裁判をする必要があります。まずは、放置自動車の所有者を調査します。私有地の放置自動車の所有者・使用者を調べる場合には、陸運局の窓口で登録事項証明書の交付を請求します。 放置自動車の撤去を弁護士に依頼した場合は、弁護士が放置自動車の所有者・使用者を調査し、その所在を追跡し、所有者・使用者に対し、内容証明郵便で放置自動車の撤去を請求します。所有権留保車両の場合、信販会社に対しても放置自動車の撤去を請求できる場合(自動車ローンの期限の利益が喪失している場合)もあります。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム