メニュー

た行

調停前置主義【ちょうていぜんちしゅぎ】

 訴訟提起の前に、調停手続きをとらなければならないとすることを、調停前置主義と言います。
離婚・離縁の訴え、婚姻・縁組みの取消、認知の訴え、嫡出否認の訴えなど、基本的身分関係の存否を巡る紛争(人事訴訟)、その他家庭に関する事件については、調停前置主義がとられています。したがって、先に訴えを提起してもその事件は調停に付されることになります。

ページ上部へ