メニュー

さ行

債権者平等の原則【さいけんしゃびょうどうのげんそく】

債権者平等の原則とは、同一の債務者に対して、複数の債権者がいる場合、全ての債権者は平等に取り扱われなければならないという原則のことをいいます。
例えば、Aに対して、BとCがそれぞれ100万円の債権を持っている場合を考えます。この場合に、Aが100万円しか資力がないとすれば、BとCの双方を満足させることはできません。そこで、平等に、BとCに、50万円ずつ支払うことになります。

ページ上部へ