管轄の合意【かんかつのごうい】

法律上、専属の管轄が定められていない訴訟については、1審に関するものであれば管轄を合意によって決定することが出来ます。
例えば、契約約款の、「…この契約について訴訟の必要を生じたときは、東京地方裁判所にて解決を図るものとします」等の記載が、その例です。もっとも、当該合意によって、専属の管轄が定められていたとしても、裁判所は当事者の公平等一切の事情を考慮して、他の裁判所に事件を移送することが可能です。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム