メニュー

は行

弁論の分離【べんろんのぶんり】

一つの訴訟手続きに、数個の請求が併合されている場合に、これらをそれぞれ別個の訴訟手続きで審理するため分割することを、弁論の分離と言います。
弁論の分離は、裁判所がこれを命じることができますが、併合して行うことが要求されている訴訟においては、当然分離は許されません。

ページ上部へ