メニュー

は行

保証債務の相続【ほしょうさいむのそうぞく】

保証債務とは、保証人が負担する債務のことを言いますが、当該債務も原則としては相続がなされます。
もっとも、個人的信頼に基づいてなされた保証や、巨額の保証額を負担する債務であるような場合は、相続が否定されると考えられています。具体的には、身元保証や、限度額・期間のない信用保証がこれにあたります。

ページ上部へ