メニュー

さ行

裁判の脱漏【さいばんのだつろう】

民事訴訟において、請求の内一部を判断し忘れている状況のことを指して、裁判の脱漏と言います。
この場合、残りの請求についてさらに裁判をする必要があり、それについて出された判決を追加判決と言います。

ページ上部へ