メニュー

さ行

証拠共通の原則【しょうこきょうつうのげんそく】

共同訴訟人の1人が提出した証拠は,他の当事者が援用せずとも,この者についても証拠として,事実認定の資料とすることが出来ることを,証拠共通の原則と言います。
事実自体は1つしかないため他の共同訴訟人の援用の有無は関係ない,という理由で,判例はこれを認めています。

ページ上部へ