被害届【ひがいとどけ】

被害届とは、犯罪によって被害を受けた者が、その事実を捜査機関に申告するため、作成する書面のことをいいます。

 

被害届の提出は、犯罪捜査開始のきっかけとなるため、「捜査の端緒」とよばれています。

’被害者が被害届を警察に出した’’警察が被害届を受理した’という言い回しからは、被害者自身が被害届を作成して提出したものを、警察が受け取った・受け付けたという印象を受けるかもしれません。

ですが、実際には、警察官が被害者から事情を聴取の上作成し、被害者が署名捺印することで被害届が作成されることが多いです。

 

犯人に対する処罰意思を含まない点で、告訴や告発と大きく異なります。

 

 

関連用語:告訴、告発

関連問題:刑事事件・刑事弁護

 

春日井駅前の弁護士・法律事務所,弁護士法人中部法律事務所春日井事務所では,刑事事件・刑事弁護の法律相談,無料相談,ご依頼も受付しています。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム