相続欠格【そうぞくけっかく】

本来ならば相続人となる者が、不正な行為をしたために法律上当然に相続の資格を失うことを相続欠格と言います。
民法では、①被相続人や先順位の相続人を殺害した場合、②詐欺脅迫によって遺言をさせた場合、③遺言書を偽造したり、わざと破棄したような場合、に相続欠格が認められています。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム