メニュー

さ行

積極的破綻主義【せっきょくてきはたんしゅぎ】

自分で婚姻の破綻を招いた張本人(有責配偶者)からの離婚請求であっても、婚姻が破綻ている以上、離婚を認める、という考えを、積極的破綻主義と言います。
最高裁判所の判例では、有責配偶者からの請求による離婚も認められていますが、その際には、夫婦の別居が相当期間長期であったか、未成熟の子どもがいないか、相手方配偶者が精神的に過酷な状況に置かれないか、などが考慮されます。

ページ上部へ