メニュー

か行

業務災害【ぎょうむさいがい】

労働基準法により、使用者が災害補償を行うべき責めを負う、労働者の業務上の傷病のことを業務災害と言います。
業務上の傷病と認定されるためには、①労働者が事業主の支配下にあるときに生じたものであること(業務執行性)と、②業務と傷病の間に、因果関係があること(業務起因性)が必要とされます。

ページ上部へ