メニュー

か行

寄与分【きよぶん】

被相続人が行っていた事業に関して労務を提供したり、生計の維持や看病に努めたりするなど、被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした相続人がいる場合には、貢献度に応じて遺産を取得させることが、民法上認められています。この、貢献分のことを、寄与分と言います(民法904条の2)。

ページ上部へ