所有権留保【しょゆうけんりゅうほ】

所有権留保とは、ある物の売買契約を結んだ際に、その代金を完済するまでは、担保として売主に所有権を残しておくことをいいます。
例えば、自動車を100万円で売買した場合を考えます。この場合、買主が100万円を完済するまでは、売主に自動車の所有権が残るようにしておくことを所有権留保といいます。所有権は売主にあるものの、買主が、売買契約時に自動車の引き渡しを受けて、使用を開始していることがほとんどです。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム