メニュー

は行

補正命令【ほせいめいれい】

裁判所は、職権によって当事者の訴訟能力を調査し、これを欠くと判断した場合には、直ちに訴えを却下するのではなく、一定の期間を定めて補正を命じます。これを、補正命令と言います。
ただし、補正を待っていては、証人の死亡によって証拠調べが出来なくなる等の損害を生じる場合には、一応手続きを進めることができるとされています。

ページ上部へ