メニュー

は行

本証・反証【ほんしょう・はんしょう】

本証とは、自己に証明責任のある事実を証明するために提出する証拠のことを言います。本証は、裁判官にその事実につき確信を抱かせることができるまでの証明をしなければなりません。
他方、反証とは、相手方が証明責任を負う事実の不存在を証明するために提出する証拠のことを言います。したがって、反証は裁判官が本証について疑問を抱き、確信を抱くのを妨げることが出来れば足ります。

ページ上部へ