メニュー

ま行

明認方法【めいにんほうほう】

慣習上認められた、対抗方法のことを言い、主に立木について行使されます。
立木を、土地とは別で取引した場合、木を引き渡すことは出来ません。そこで、明認方法、具体的には、木を削って名前を書いたり、立て札を立て、第三者に対する対抗できる、とされます。

ページ上部へ