メニュー

は行

法定地上権【ほうていちじょうけん】

抵当権の実行がなされた場合に、民法の規定によって当然に生じる地上権のことを、法定地上権と言います。
同じ所有者が所有している土地とその上の建物に抵当権が設定され、その後抵当権が実行されて競売にかけられた結果、土地と建物が別々の所有者のものとなった場合に、建物のために土地を利用できることと定められています。

ページ上部へ