メニュー

さ行

随意契約【ずいいけいやく】

国又は地方公共団体と言った公の機関が契約を行う際、その相手方を、適当と思われる者を選択して行う契約のことを随意契約と言います。
一方、複数の者を競争させて、その中で契約主体に最も有利な条件を提供する者を相手方とする契約は、競争契約と言います。
国、地方公共団体の契約は、原則として、公告をすることで不特定多数人の間で競争を行う、一般競争契約によってなされます。

ページ上部へ