メニュー

あ行

遺留分【いりゅうぶん】

遺留分とは、法定の相続人に必ず保証される、最低限の相続財産の割合のことを言います。兄弟姉妹以外の法定相続人、すなわち被相続人の配偶者と、直系卑属(子など)及び直系尊属(親など)に認められます。したがって、兄弟姉妹以外の相続人は、遺言の内容に関わらず一定割合の相続をすることが保証されており、この割合を侵害するような遺贈や贈与が行われたときは、「遺留分減殺請求」をすることにより、遺贈や贈与の効力を失わせることができます。

ページ上部へ