メニュー

か行

限定承認【げんていしょうにん】

相続人が、相続によって得た財産の限度においてのみ、被相続人の債務等を弁済することを留保して、相続をするとの承認をすることを、限定承認と言います。限定承認がなされると、相続財産について清算が行われ、債権者に弁済がなされ、余りがあれば相続人に帰属することになります。

ページ上部へ