メニュー

か行

競売【けいばい】

民事執行上の競売は、債務者の負う金銭債務の弁済のため、その所有する不動産等を裁判所の手で売却し、その代金(換価代金)を債務の弁済にあてるものを言います(民事執行法43条以下)。一般の競売と同様、競り売りの方法を用い、最高価額の申し出をした者に対して売却がなされます。

ページ上部へ