メニュー

さ行

証書真否確認の訴え【しょうしょしんぴかくにんのうったえ】

契約書や、遺言等、法律関係を証する書面の成立の真否の確定を目的とする訴えのことです。
書面の真否、すなわち作成名義人の意思に基づいて作成されたか否かを確定することで、紛争が解決されるような場合に、当該訴えに利益があるとしてその提起が認められます。

ページ上部へ