強度の精神病【きょうどのせいしんびょう】

生活に多大な負担与える程度の精神病のことを、強度の精神病といいます。「配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき」には、訴訟で離婚を求めることが出来るとされています(民法770条1項4号)。もっとも、判例上、不治の精神病をもって直ちに離婚原因と認められる訳ではなく、その病者の今後の療養や、生活などについて出来る限りの具体的方途を講じ、見込みが付くか、ということも考慮するという扱いがなされています。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム