メニュー

さ行

裁判認知【さいばんにんち】

婚姻していない父母から生まれた子は、非嫡出子とされ、認知がなければ父親との親子関係が発生しません。そこで、子が父に当たる者に対して認知をするよう、家庭裁判所に求めることができ、それによって認知がなされることを、裁判認知と言います。
認知の結果、原則として子の出生時にさかのぼって、認知者との間に親子関係が生じることとなります。

ページ上部へ