メニュー

さ行

指定相続分【していそうぞくぶん】

被相続人は、遺言によって各相続人の相続分を指定することができ、また、遺言によって相続分の指定を第三者に委託させることもできます(民法902条)。これらの方法により指定された相続分のことを指定相続分といいます。

ページ上部へ