メニュー

さ行

自筆証書遺言【じひつしょうしょいごん】

自筆証書遺言とは、遺言者が自ら遺言の全文や日付、氏名を書き、印を押すことにより作成する遺言のことをいいます(民法968条)。
作成方法が簡易で、かつ遺言者のみで作成することができるため、遺言の存在を秘密にすることができますが、一方で紛失、隠匿等の恐れがあり、かつ方法不備により遺言の効力が生じないという危険もあります。

ページ上部へ